© 2019 by Collaboration Techonologies, Inc.

CAX記述API

CAX記述APIは社内で開発されたCAEソフトウェアのモデルと解析結果を軽量なCAXファイルにエクスポートすることを可能にします。CAXファイルは超軽量で配布や可視化や共有を簡単にします。無料もしくは高機能なビューワーがCAXファイルを見るために提供されます。CAX記述APIによって、ソルバーやポスト処理ソフトウェアから直接CAXフォーマットのデータを生成することができ、CAEデータの共有、レビュー、再利用を可能にします。

スクリーンショット

1/1

※画像をクリックすると拡大表示します。

CAEベンダーは顧客に無料のビューワーの提供を迫られます。CAX記述APIを統合することによって、CAEベンダーはVCollabの可視化機能を顧客に提供することができます。CAXファイルは、CAEモデルや解析結果のベンダー仕様の利用を増加させることもできます。さらに上級者には高機能なVCollabビューワー機能を提供できます。これはCAEベンダーの利益の増加につながります。

 

このAPIを使うことによって社内開発のFEA/CFDソルバーでCAXファイルを出力することができ、モデルや解析結果を最先端のVCollabビューワーによって可視化することができます。

 

CAX記述APIは、ANSI C++を使って開発された完全互換のC++ライブラリーです。

稼働プラットホーム

  • INTELとAMDプロセッサーで稼働する32-bitと64-bitのWindows XP, Vista(Microsoft Visual C++8.0でビルド)

  • INTELとAMDプロセッサーで稼働する32-bitと64-bitのRHELディストリビューション(gnu c++コンパイラーでビルド)

  • RISCプロセッサーで稼働するAIX 5.3と6.1(gnu c++コンパイラーでビルド)

  • リクエストに応じてその他のプラットホームやOSで提供

CAX記述APIによる利点を享受点

  • CADベンダー

  • CAEソルバーベンダー

  • CAEポスト処理ベンダー

  • CAEプリ処理ベンダー

  • 社内開発のCAEソフトウェアのユーザー